So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

ミニ四駆グランプリ2017ニューイヤー掛川&東京 に行ってきた [ミニ四駆]

なんと2大会ともに抽選が当たったので行ってきたのですが、結論からいうと、どちらも一次予選通過なりませんでした。

まず掛川は、ケンタは部活で参加できなかったため、師匠親子のクルマに同乗させていただき、行ってきました。

IMG00527.jpg
今回のニューイヤーのコース「2017ビギニングサーキット」は、とにかくスピード勝負。マシンが早くなければ勝ち目はないのですが、ビギニングバンプ(ドラゴンバック)の着地に失敗してコースアウトしては元も子もないというコースでした。

DSC02986.jpg
掛川は当初はVSで行く予定だったのですが、事前の練習走行時のアクシデントでシャーシを壊してしまい、やむなくこのMSマシンで出走しました。タイヤ径を大きくしスピードを稼ぎつつ、重心を下げるため電池落としにてレースに臨みましたが、5周目のバンプでコースアウト。速度的にも負けていました。やっぱりMSはフレキでないと完走率が上がらないですかね。師匠達も速度負けで、誰も一次予選を通過できませんでした。(再チャレンジの抽選も当たらず、これが一番悔しかったりする。。。)

DSC02988.jpg
次の東京は本命のこのVSマシンで出走しました。掛川の高速レースで付いていけるパワートレインを選択して臨みましたが、一次予選の午前中は思ったよりみんなスローなレース展開でした。なので4周目までは独走状態でしたが、その後のバンプ後にうまく着地できずコースアウト。コーナーでの減速を嫌ってリジット車で臨んだのですが、バンプ着地時の横方向のショックを吸収するためにスラダンが必要だったのかも?といまになって思います。

東京大会はケンタもジュニアクラスで参加しましたが、師匠親子も含め、みんな速度負けかコースアウト。寂しい結果に終わりました。

思えば、上級者のマシンは、「スラダンでコーナーで減速することになっても、速度負けしないパワートレインで走行し、バンプの着地でコースアウトせず完走」しているようです。もちろん、ブレーキセッティングも重要なのは言うまでもありません。

IMG00534.jpg
というように、理屈で考えてもなかなかうまく行かないのがミニ四駆。上達への道は険しいです。。。

関連URL
【レポート】2017年1月22日(日):ミニ四駆グランプリ2017 NEW YEAR掛川大会
【レポート】2017年1月29日(日):ミニ四駆グランプリ2017 NEW YEAR東京大会

タミヤ 1/35 MMシリーズ ドイツ Pkw.K1 キューベルワーゲン82型 完成 [こだわりの一品:ホビー編]

昨年、静岡ホビーショーで購入し、少しずつ製作を進めていたキューベルワーゲンですが、年末年始にラストスパートをかけて、完成しました。

DSC02982.jpg

カラーリングはジャーマングレイ単色も考えたのですが、箱絵と同じダークイエローとダークグリーン迷彩にしました。個人的にはなかなかうまくいったほうかと思います。

DSC02983.jpg
以前作ったサイドカーや1/100のA-5/A-6に比べて、バリも少ないし、部品の合わせ目もピッタリなので、作りやすかったです。新しめのキットはやはり精度がいいです。

DSC02984.jpg
フロントドアの開く方向は、今の乗用車とは逆の方向だったんですね。作ってみて初めて知りました。

DSC02985.jpg
そして、今回から同じホビーショーで購入したミネシマのPremium薄刃ニッパーD-25を使い始めました。それまで同社のプラモデルニッパーD-104を使っていたのですが、それよりも随分切れ味が良くて使いやすく、かなり作業効率が上がりました。D-104はミニ四駆用にするなどして、使い分けています。


次は、タミヤの1/48 F-16トムキャットが昨年11月に発売になったのを記念して(?)、トップガンの仮想敵機(教官機)である A-4(1/72のイタレリ製)を作りますかね。

関連URL
1/35 ドイツ Pkw.K1 キューベルワーゲン82型 -タミヤ製品情報
D-25 Premium薄刃ニッパー | 製品紹介|株式会社ミネシマ

関連記事
第55回静岡ホビーショーとタミヤオープンハウス に行ってきた
タミヤフェア2014&ミニ四駆グランプリ2014 Autumn静岡大会2




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミネシマ Premium薄刃ニッパー 黒 120mm (D-25)
価格:1373円(税込、送料別) (2017/1/8時点)




「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」と「君の名は。」 を観に行ってきた(ネタバレなし) [映画]

新年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

お正月映画」という言葉は最近聞かれなくなったように思いますが、話題のローグワンを年始に家族で観てきました。

スターウォーズ本編の第一作目エピソード4の直前の描いたこのアナザーストーリーは、正直、期待していていいものかどうかが、よくわからなかったのですが、観終わった後に、自分の中ではっきりしました。この作品は、観るべきだと。アナザーストーリーといいつつ、ちゃんとエピソード4に繋がっているし、クオリティは本編並みで、全く手を抜いている感はなく、十分見応えのある作品になっていました。

IMG00037.jpg

この日刊スポーツの号外にもありますが、「エピソード3.9」とか、「エピソード4の10分前」とか表現されていますが、エピソード4の登場人物なども登場し、懐かしく思い、自宅に帰ってからみんなでおせち料理をいただきながら、あらためてエピソード4のBlu-rayを観たぐらいです。

次は今年の年末公開予定(日本もかな?)のエピソード8を楽しみに待ちたいと思います。昨年末に60才で急逝したキャリー・フィッシャーのレイア(亡くなる前に出演場面は取り終えていたと報じられている)がまた観れることを祈りつつ。



もう一本の「君の名は。」は、昨年空前のヒットとなりましたが、なかなか映画館に足を運べずにいたので、この機会に観てきました。

リピーターが多いというのは、少しストーリーが難しいからと思いました。ケンタもよくわからないところがあったといい、スクリーンから一緒に退席した熟年夫婦の方からもそんな声が聞こえました。一応理解できたママと私ですら、「この映画のジャンルは?」と問われたら、はっきりとは答えられないです。現代日本の憂い?青春?恋愛?冒険?ファンタジー?、いろんな要素が入り混じっているように思います。

一部に「中高校生にしか受けてない」という論評もあるようですが、全くそんなことはなく、昨年8月公開にもかかわらず、まだスクリーンには老若男女が詰めかけていました。ジャンルや世代を超えて、気持ちの良い不思議な魅力のあるアニメ映画でした。


関連記事
「スターウォーズ/フォースの覚醒」 を観に行ってきた (ネタバレなし)

関連URL
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|ローグワン|映画|スター・ウォーズ|STAR WARS|
キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
映画『君の名は。』公式サイト

前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。