So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ミニ四駆ジャパンカップ2018東京大会1 に行ってきた [ミニ四駆]

ル・マンでトヨタが悲願の優勝、1-2フィニッシュ、および日本人ドライバー中島一貴がトップチェッカーを受けたとのことで、ついにやりましたね。
地上波もBSもTV中継はありませんでしたが、特番とか放送されないか期待しています。

時は同じころ(毎年ル・マンとかぶってるような)、「手のひらサイズのモータースポーツ」のメインイベントが今年も始まりました。今年はジャパンカップが始まって30年の記念となる大会。品川シーサイドでレーサー達の熱い闘いが始まりました。

少し前から、東京大会は参加者が多いため、日曜日だけでなく前日土曜日も日程追加になったため、混み具合はかなり改善し、ピットスペースも確保しやすくなりましたね。

但し、土曜日のレースはオープンクラスのみなので、カツいレーサーや団体様はこちらを選ぶかなと思い、あえてジュニアクラスややファミリークラスもある日曜日に申し込んで、当選しました。

DSC_0161.jpg
また、東京大会1は例年雨に見舞われていましたので、屋根のあるスペースで2コース設置で開催されましたので、雨対策用もパーツやマシンを準備する必要もなかったです。


b_jc2018_circuit.jpg
今年のジャパンカップのコース「クラシックサーキット2018」です。30年前の第1回大会のコースがモチーフとなっていますが、アップダウンの激しさや減速させられるセクションは当時のものとは比べ物にならないコースになっているそうです。



DSC_0156.jpg
中でも、写真〇で囲んだ「ロッキングストレート」は、コース側面に電気配線を通して隠すための固いモールが貼り付けされていて、マシン幅を最大に設定すると通りづらくコースアウトするマシンが続出するセクションでした。

rocking.jpg
事前にネット上では、このセクションを想定した模擬コースで試走した情報が共有されていましたが、とにかくマシンが壊れたり減速が激しいので、なんらかの対策は必要とされていました。またマシン幅は規定の最大幅にすると、通過すら困難という情報もありました。モールの形状は私はこのような、なだらかなヤマ型と考えていて、小径のローラーでも割とあたりは少ないのでは?と思っていました。

CA-R30ECGY.jpg
ところが、実際はこのような、カマボコ型のモールでした。この読み違いがそもそもの失敗でした。


DSC_0162.jpg
DSC_0163.jpg
今回のマシンは今年の公式戦で使い続けてきたFMARのマシンに、ローラーは、左はドラゴンバック~モヒカン後のコーナーの食いつきを考えて9mmベアリングまたは2段アルミ、右はデジタルカーブの減速を抑えるため17mmのプラリングアルミにして、マシン幅は少し狭めた100mmとしています。ピボットバンパーも試作はしていたのですが、柔らかさと耐久性の両立が間に合わず、前後ともスラダンにしました。これでロッキングストレートもスムーズに駆け抜けてほしいところ、でした。


そして挑んだ一次予選でしたが、完走はしたのですが「速度負け」でした。3周目まではそこそこの走りをしていましたが、4周目以降はロッキングストレートで大幅に減速するようになり、何があったかよくわからなかったのですが、

DSC_0164.jpg
レース後に戻してもらったマシンを見ると、フロントのスラダンが見事に真ん中で折れてしまってました。(T_T)

スラダンは作り直すとしても、次回も使うかは悩みどころです。それよりもピボットバンパーを完成させたいようにも思います。


関連URL
富士通 乾電池 提供 ジャパンカップ2018 総合案内 | タミヤ
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第57回静岡ホビーショーとタミヤオープンハウス2018 に行ってきた [お出かけ]

5/12(土)にシャオ・グウさんと行ってきました。会場前に静岡入りしたものの、今年は静岡新聞社そばと東静岡駅そばの臨時駐車場はどちらもすでに満車でした。一般公開初日はやはり混むようです。

まずはタミヤオープンハウスから回ることにしました。

DSC03873.jpg
初日の朝ということで、特別謝恩セール会場への列が建物の外まで伸びていて、セール会場まで1時間近く並びました。


DSC03884.jpg
DSC03886.jpg
DSC03885.jpg
先日、テレビ東京で放送された「世界!ニッポン行きたい人応援団」を観ました。自分では模型をやらないうちのママでも、録画を観て感動して涙が止まらなかったそうです。そのディエゴさんが来日中に製作したホンダモンキーをタミヤ歴史館で観ることができました。熱い思いが伝わってくる、見事な出来栄えでした。


今年のミニ四駆ジャパンカップ2018のコース「クラシックサーキット2018」も見てきました。

DSC03876.jpg
DSC03882.jpg
DSC03877.jpg
今年はジャパンカップが始まって30年ということで、第1回大会のコースレイアウトがベースになっているそうです。ドラゴンバック以外はコースアウトの心配はないように見え、一見、ガンガン飛ばせそうな感じではあります。
DSC03879.jpg
DSC03881.jpg
新登場のセクション「ロッキングストレート」「モヒカンストレート2018」があり、これを見たかったのですが、今回はまだ公開されていませんでした。モヒカンには「芝」も入るようです。ロッキング対策のほうがより深刻というネット上の話題もあるようで、かなりマシンセッティングに大きな影響を与える要注意なセクションのようです。詳細は、今月末発売の超速ガイドに掲載されるそうです。


続いてツインメッセ静岡のホビーショー会場に来ました。

エントランスの陸自車両の展示
DSC03888.jpg
DSC03889.jpg


ハセガワ。旧車のキットが充実してました。合わせるフィギュアやマクロスも。
DSC03890.jpg
DSC03891.jpg
DSC03892.jpg
DSC03894.jpg
DSC03896.jpg
DSC03898.jpg
DSC03929.jpg
DSC03926.jpg



アオシマ。旧車ならこちらが専門ですね。懐かしいキャラクターものや模型ビギナーむけの商品もありました。
DSC03899.jpg
DSC03901.jpg
DSC03902.jpg
DSC03903.jpg
DSC03904.jpg
DSC03905.jpg
DSC03906.jpg


造形村。ファントムのキットは様々ありますが、ここのは特にいいですね。お値段も。
DSC03907.jpg


タミヤ。

RCカー発売が予定されているヤリスWRCの実車展示。東京モーターショーでの展示より、より近くで観ることができました。来年予定のラリージャパン復活は楽しみです。
DSC03908.jpg
DSC03909.jpg
DSC03910.jpg

スケールモデル。会場エントランスにあった陸自の16式機動戦闘車など。
DSC03912.jpg
DSC03913.jpg
DSC03917.jpg

キャラクターもの。ミニ四駆以外では、タミヤにしては珍しいですね。
DSC03915.jpg
DSC03914.jpg

ミニ四駆。写真を撮り忘れましたが、グレートマグナムR(FM-Aシャーシ)のクレイモデルもありました。
DSC03956.jpg
DSC03957.jpg
DSC03958.jpg
DSC03961.jpg
DSC03962.jpg
DSC03963.jpg


バンダイ。8月発売予定のRG サザビーは一目見たいという人が多すぎて、近寄れませんでした。
DSC03925.jpg
DSC03922.jpg
DSC03924.jpg
DSC03919.jpg
DSC03921.jpg


今年もレストア実車の展示がありました。

シュビムワーゲン。ドイツ軍の水陸両用車。「Dr.スランプ」にも登場し、ご存知の方も多いかと。
DSC03931.jpg
DSC03932.jpg

M16スカイクリーナー。ハーフトラックに対空機銃を組み合わせたアメリカ軍の対空自走砲。Wikipediaによると、本来の通称は「ミートチョッパー」で、「スカイクリーナー」はタミヤがプラモデル商品に名付けた名前らしいです。
DSC03933.jpg
DSC03934.jpg
DSC03935.jpg


モデラーズクラブの展示。今年も力作ぞろいで、大盛況でした。

思わずにやける「ハイブリッド」もの?
DSC03938.jpg
DSC03940.jpg
DSC03945.jpg
DSC03955.jpg

ミリタリーもの
DSC03941.jpg
DSC03943.jpg
DSC03947.jpg
DSC03948.jpg

シャオ・グウさんと共に、度肝を抜かれた大作ものもありました。1/72 アメリカ海軍 タイコンデロガ空母。これだけの艦載機を作ってそろえるだけでも大変かと。
DSC03950.jpg
DSC03949.jpg


最後にお土産です。シャオ・グウさんは今回はツール類のみを購入で、
DSC03964.jpg
私は、タミヤオープンハウスの特別謝恩セールで、1/72 ダッソーミラージュ2000C戦闘機、ベトナム戦争でのアメリカ軍パトロールボート1/35 PBR31Mk.IIピバーを買ってみました。ミニ四駆はキットもパーツもいまひとつ欲しいものがありませんでしたが、会場限定発売だった「スーパーアバンテRS ASIA CHALLENGE 2017 SPECIAL」は、午前中早々に売り切れていました(オク目的か?)。またお菓子は、SCHO-KA-KOLAチョコ(ミルク)とタミTクッキーをチョイスしてみました。


関連記事
第56回静岡ホビーショーとタミヤオープンハウス2017 に行ってきた

関連URL
静岡ホビーショー
オープンハウス2018 | タミヤ
タミヤのプラモデルを愛するアルゼンチン人男性が感涙:世界!ニッポン行きたい人応援団|テレ東プラス:テレビ東京
「連載 Dの感謝」 タミヤを愛するアルゼンチン人男性の感動秘話をディレクターが告白!:世界!ニッポン行きたい人応援団|テレ東プラス:テレビ東京

nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タミヤ 1/35 MMシリーズ ドイツ II号戦車A~C型(フランス戦線)完成 [こだわりの一品:ホビー編]

製作中で大詰めを迎えていたII号戦車ですが、最後の塗装と組立をして、やっと完成しました。

DSC03867.jpg
キットはA~C型を選んで作れますが、今回はA型で組んでいます。

DSC03868.jpg
プラ製の履帯はうまくできるか心配だったのですが、接着後しばらく固定して、特に上側が車輪から浮かないようにすれば、ピッタリな精度で組み立てられました。

DSC03869.jpg
排気管のメッシュカバーのエッチングバーツは、ジャーマングレイを塗り忘れたことに、タミヤのページを見て気づきました。。。

DSC03870.jpg
一つ前の写真でわかるかと思いますが、こちら側の白十字は3分割されているので、3枚のデカールをピッタリ貼るのに苦労しました。

DSC03871.jpg
この砲塔がオフセットされているデザインが特徴かと思います。

DSC03872.jpg
コマンダー人形の塗装も自分なりに頑張ってみました。


普通に塗装して作るだけで手間ヒマを楽しめるキットで、組付け精度もしっかりあります。本当は「”きれいな戦車”って普通ないかも」と思いつつ、ウェザリングは考えなかったのですが、黒立ち上げによる重厚感はある程度狙い通りできたと思います。


関連記事
II号戦車 製作中 & ミニ四駆2018 Spring東京大会1に向けて

関連URL
1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ ドイツ II号戦車A~C型(フランス戦線) | タミヤ



nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -