So-net無料ブログ作成
検索選択

日産 リーフ に 乗せてもらった [クルマ]

もう浮気?するつもりは全くないのですが、私の住んでいる神奈川県は、日産の関連施設が多く、厚木にある日産テクニカルセンターで大商談会と銘打ったイベントで、リーフの同乗体験ができるというので、ケンタと二人で行ってきました。

DSCF3837.JPG
係員が運転するリーフに乗せてもらうわけですが、順番待ちの整理券をもらって、時間まで子供向けコーナー(サッカーゲームやクルマへの落書きなど)で遊んだあと、まずはリーフの展示車を見ることに。

DSCF3842.JPG
エンジン(じゃない)ルームはコンパクトです。充電する時はNISSANエンブレムのところの蓋をあけて、ケーブルを接続します。
DSCF3845.JPG
運転席まわりはシンプルなユニバーサルデザインといった感じです。後部座席は、深く座ると頭上の空間はこぶし一つ分ちょいだったので、思ったほど開放感がないように感じました。少し床が高いためかも。
DSCF3844.JPG
このシフトレバーはちょっと慣れが要りそうです。
DSCF3846.JPG
トランクルームはボディ形状相応といったところでしょうか。
DSCF3847.JPG
充電用ケーブル。充電時間は、200V電源で約8時間だそうです。
DSCF3848.JPG
タイヤは16インチのECOPIA EP150を履いていました。

DSCF3838.JPG
いよいよ同乗体験です。左ハンドル車でしたので、助手席に座ればドライバーの感覚が少しは味わえますが、運転はできないのでケンタに譲り、私は後部座席に座りました。
DSCF3850.JPG
構内のストレートの道を100Km/h超えるまで急加速してもらえましたが、トルク感が太く、とても電気とモーターで走る車とは思えない加速でした。それでいて、音が静かなので、不思議な感じがします。ドライバーの話では「3リッター車クラスのトルク」とのことでした。「エアコンや走り方で航続距離は変わりますので、やさしい運転になりますよ」とも言っていました。

EVに対する弱々しいイメージはなくなりましたが、やはりエコ運転は必要になるんですね。

DSCF3839.JPG
DSCF3851.JPG
同乗体験はGT-Rや海外仕様車もありました。特にGT-Rは人気で、リーフ等のコースよりずっと短いストレートでの加速体験のみでしたが、こっちも乗せてもらいたかったのですが、ケンタは爆音に驚いてNGを出しました。まあ、あと10年ぐらいしたらケンタも興味を持つようになるかもしれませんが、それまでこういうクルマの選択肢がまだあるといいんですけどね。

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 10

コメント 2

Z3

リーフ。外から見ると写真判断ですがノーズが長いせいか大きく見えますね。
室内は、そんなに広くなさそうですね。

by Z3 (2010-12-20 17:35) 

ケンタパパ

Z3さん、コメントいただきありがとうございます!

外見を大きく見せるのは、海外でも沢山売りたいからだと思います。室内については、元々航続距離が短いクルマなので、少々狭くても不満に思わない程度にしているのかもしれませんね。
by ケンタパパ (2010-12-20 22:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。