So-net無料ブログ作成
検索選択

ミニ四駆グランプリ2017ニューイヤー掛川&東京 に行ってきた [ミニ四駆]

なんと2大会ともに抽選が当たったので行ってきたのですが、結論からいうと、どちらも一次予選通過なりませんでした。

まず掛川は、ケンタは部活で参加できなかったため、師匠親子のクルマに同乗させていただき、行ってきました。

IMG00527.jpg
今回のニューイヤーのコース「2017ビギニングサーキット」は、とにかくスピード勝負。マシンが早くなければ勝ち目はないのですが、ビギニングバンプ(ドラゴンバック)の着地に失敗してコースアウトしては元も子もないというコースでした。

DSC02986.jpg
掛川は当初はVSで行く予定だったのですが、事前の練習走行時のアクシデントでシャーシを壊してしまい、やむなくこのMSマシンで出走しました。タイヤ径を大きくしスピードを稼ぎつつ、重心を下げるため電池落としにてレースに臨みましたが、5周目のバンプでコースアウト。速度的にも負けていました。やっぱりMSはフレキでないと完走率が上がらないですかね。師匠達も速度負けで、誰も一次予選を通過できませんでした。(再チャレンジの抽選も当たらず、これが一番悔しかったりする。。。)

DSC02988.jpg
次の東京は本命のこのVSマシンで出走しました。掛川の高速レースで付いていけるパワートレインを選択して臨みましたが、一次予選の午前中は思ったよりみんなスローなレース展開でした。なので4周目までは独走状態でしたが、その後のバンプ後にうまく着地できずコースアウト。コーナーでの減速を嫌ってリジット車で臨んだのですが、バンプ着地時の横方向のショックを吸収するためにスラダンが必要だったのかも?といまになって思います。

東京大会はケンタもジュニアクラスで参加しましたが、師匠親子も含め、みんな速度負けかコースアウト。寂しい結果に終わりました。

思えば、上級者のマシンは、「スラダンでコーナーで減速することになっても、速度負けしないパワートレインで走行し、バンプの着地でコースアウトせず完走」しているようです。もちろん、ブレーキセッティングも重要なのは言うまでもありません。

IMG00534.jpg
というように、理屈で考えてもなかなかうまく行かないのがミニ四駆。上達への道は険しいです。。。

関連URL
【レポート】2017年1月22日(日):ミニ四駆グランプリ2017 NEW YEAR掛川大会
【レポート】2017年1月29日(日):ミニ四駆グランプリ2017 NEW YEAR東京大会