So-net無料ブログ作成
本日の一言 ブログトップ
前の3件 | -

スターティンググリッド [本日の一言]

初詣の記事以来、周りの方々からケンタの高校入試に様々な形で応援をいただきました。家族一同、心より感謝申し上げます。

昨年より親としても悶々としてドキドキな日々を過ごしていましたが、おかげ様で、ケンタは見事、第一志望の高校に合格しました! \(^0^)/

DSC03721.jpg
DSC03724.jpg

第二志望の受験の前に合格が決まったため、そちらの受験は辞退しました。第一志望が最も難関で、もしだめだったらその後の受験に影響することもありますので、親としてはあらゆるケースを想定していたのですが、ベストな結果となって本当良かったです。

私にとっては、手に付かなかった模型やミニ四駆がまた再開できそうです。ケンタは、自分の意志で昨年秋から塾の先生にスマホを預かってもらっていた(LINE断ちのため)のですが、合格の吉報をもって返却してもらいました。

ケンタの周りには、今日時点でまだ合否が決まっていない子が多いので、クラスメートと遊びに行ったりすることはまだできませんが、合格証書をもらうなど入学に向けての手続きに行ったり、双方の親の実家に吉報を伝えたり、お祝いにケンタ初体験となるカウンター鮨(親も四半世紀ぶり?美味かった!)を食べに行ったり、家族みんなで喜びを分かち合いました。


DSC03734.jpg
また、約束していたPS4をプレゼントしました。我が家では据え置き型ゲーム機はPS2以来なので、約18年振りの導入です。

ケンタは「STARWARS BATTLE FRONT II」をやりたかったそうで、いまハマってます。もちろん、昨年末に映画「スターウォーズ 最後のジェダイ」はしっかり親子それぞれ観てきました。私も往年のゲーマーとして少しプレイしてみましたが、操作に慣れるまで大変そうです。


また、こちらも合わせてプレゼントしました。

DSC03736.jpg
DSC03737.jpg
STARWARS英和辞典 ジェダイ・マスター編です。実は私のほうが欲しかったかもしれないアイテムですが、約3100語の単語が、映画の名場面の例文と写真・イラストがついて一緒に覚えられるそうで、楽しみながら英語に触れてもらえればとプレゼント。これで「英語のマスターとして覚醒」してほしいですね。



start.jpg
レースで言えば、ケンタは高校受験という「予選」を走り、自己ベストタイムで通過したと思います。そして今、次の進学先を決める「決勝レース」のスターティンググリッドの”どこか”に位置しているといったところでしょうか。ポールポジションでも最後尾でもない位置です。(写真はイメージです)

決勝レースはスタートダッシュももちろん大事ですが、長いレースです。自分だけでなく、他の選手も必死なので、順位が上に下に入れ替わるかと思いますが、「自分の目標の順位内でゴールできるかが勝負」だと思います。ケンタには、これからも自分の目標というゴールに向かって、次の決勝レースを走りきることを期待しています。


関連記事
桜の季節
初詣








nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:資格・学び

桜の季節 [本日の一言]

長らくブログをお休みしていました。なかなか書く気になれないというときもあります。

進学入試で笑う人・泣く人、卒業・別れ、そして希望や不安を胸に新しい学校・職場でスタート・新しい出会い、など、毎年行われている光景・話題ですが、いよいよ来年、ケンタも高校入試かと思うと、親としては今年は複雑な思いで触れていました。


今日、買い物ついでに街中の公園の桜を観てきました。あいにくの雨で、お花見を予定していた方は、ちょっと残念だったと思います。

DSC03008.jpg
DSC03006.jpg
DSC03007.jpg


きっとケンタにも花が咲く。親としてはそう信じてやみません。

タグ:
nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熊本と大分の地震について [本日の一言]

大分県別府市にある私の実家でも、多くの食器類が棚から落ちて割れたり、玄関戸の開け閉めが固くなったり、35年程使い続けていた屋根上の太陽熱温水器が漏水するようになり使えなくなりました。

1人暮らしの母に怪我等はなかったのは幸いで、ライフラインも問題ないとのことで、まずはほっとしています。割れた食器の片づけや玄関戸は、近くに住む姉夫婦や近所の自治会の方々に手伝ってもらい、余震は続いているものの、普段の生活に戻れているようです。

気になるのは被害の大きい由布院や熊本です。

特に熊本は、私が6年間学生時代を過ごした思い出の地であり、地震で多くの被害が出て、一部の方はまだ避難生活を余儀なくされているとのことで、一刻もはやく余震が止まってほしいと願うばかりです。

熊本にいる旧友らに連絡をとることも考えましたが、「がんばれ!」と言っても彼らも応対どころではないかもしれないので、連絡できていませんが、それよりも自分なりに何かできることはないか考えたいと思います。

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | - 本日の一言 ブログトップ