So-net無料ブログ作成
こだわりの一品:グルメ編 ブログトップ
前の3件 | -

貝印 ブレッディ 焼きたてパン切り AC-0054 [こだわりの一品:グルメ編]

うちのママはホームベーカリーでパンを焼くのが好きで、もうかれこれ10年近くなるかと思います。ベーカリーも現在使っているのは2台目です。

私は朝はパンとコーヒー派なので、焼きたてパンが食べられるのはうれしいのですが、忙しい朝にパンを切るのがいつもストレスに感じていました。というのも、焼きたてパンは、やわらかくて切り難いためです。なので、「冷めて硬くなるまで待つ」という、本末転倒なことになっていました。

DSC00005.JPG
それを見事に解決してくれたのが、先日ホームセンターで購入したこのパン切りです。

DSC00004.JPG
我が家では、パンの厚みを揃えるためにこのようなカットガイドをつかっているのですが、
DSC00001.JPG
今まで使っていたパン切りナイフ(下)は少々長さが短くて切れ味もよくないため、せっかくフワフワの焼きたてパンを力でつぶしてしまっていました。100均で売られているのはどれも長さが短いです。今回購入したパン切り(上)は、パンがやわらかいうちでも、わずかな力でスッと切ってくれます。

DSC00002.JPG
切った断面も大変綺麗で、これにはママもかなり感動して、是非ブログで紹介してと頼まれたくらいです。

これで、朝のストレスから解消され、おいしい焼きたてパンを気持ちよくいただけそうです。





楽天での「パン切り AC-0054」の検索結果はこちら!

nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏は冷奴 [こだわりの一品:グルメ編]

先日ママが、「ザクどうふ、ヨーカードーで買ってきたよ」、というので、早速見せてもらうと、それはザクではなく、

DSCF2083.JPG
ビグ・ザムとうふでした! 奮発したねぇ(笑)。

本体はアボガド風味の豆腐で、足の部分は普通の豆腐。それに紋章のご飯の型抜きケースで構成。

DSCF2082.JPG
フツーの主婦にはまず手が出なそうな包装にはいっており、作戦指令書(ビグ・ザム丼の組み立て方)が同梱されてました。

豆腐を皿に移すのに、本体があまりにも大きくてふわふわなので、崩れるのが心配なママは自信無とのことで、「やられはせんぞ!」と唱えつつ私が挑戦してみましたが。。。。


DSCF2084.JPG
やっぱりやられちゃいました(笑)。足の豆腐のほうはうまくいったのですが、本体は難しかったです。 

薬味を添えて冷奴にして、醤油やドレッシングでいただきましたが、味はまずまず。家族3人でもたっぷり多めな量でした。

「ほうら、この爪がビュンと飛んで、スレッガー中尉がやられたんだよー」と和やかな会話を弾ませながら、夏の食卓を飾ってくれました。

関連記事
冬は鍋

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

宮崎の地鶏と福島の地酒 [こだわりの一品:グルメ編]

この週末、ママとケンタは千葉の実家で過ごしました。

実は、川崎に住んでいる義理の妹が震災のショックで体調を崩していて、その看病のためにバアバが実家を留守にしているのですが、一週間以上になるため、さずがにジイジが独りで家事をするのも大変だし寂しいだろうということで二人で応援に向かったわけです。

というわけで、私は留守番だったのですが、一人で夕食もなんなので、久しぶりにプジョーと酒をこよなく愛すS16氏と、彼のオススメの宮崎地鶏焼の店「じとっこ」で飲んできました。町田にも店舗があるようですが、彼がこの後ハシゴしたいショットバーもある関係で本厚木店を訪れました。

jitokko.PNG

早速注文したのは、地頭鶏焼とむねみたたきです。(カメラを持参しなかったので、写真はこちらから拝借しました)

地頭鶏焼は、豪快に炭火で焼いているところもテーブル席から見ることができます。そのままでも美味しいですが、柚子胡椒を少し付けて食べるのもいいです。

むねたたきは、もみじおろしとポン酢でネギと一緒に食べると、さっぱりいただけます。他にも、チキン南蛮やキビナゴの炙りをいただき、宮崎の郷土料理を堪能しました。

宮崎と言えば、口蹄疫や鳥インフルで大変な被害があり復興の途中ですが、今度は東日本大震災と原発問題です。日本の食の生産を担う方々の受難が続いているのは、本当に気の毒でなりませんし、食の有難さを改めて感じます。

お店に置いてある酒としては、九州の焼酎が特に充実していましたが、日本各地の地酒もあり、その中で福島の「飛露喜(ひろき)」(廣木酒造)という純米吟醸があったので、いただいてみました。

私はお酒は詳しくありませんが、口当たりのよい辛口でスイスイ入ってしまい、これは飲み過ぎに注意しなければならないほど旨い酒でした。

S16氏の話によると、今回の震災で蔵元によっては被害が出ているところもあるが、津波によって建屋が流されたものの、酒蔵だけは奇跡的に無事だったところなどもあるそうです。

以前飲んだことがある宮城の「伯楽星」(新澤醸造店)や岩手の「あづまみね」(吾妻嶺酒造店)も大変旨い純米酒でしたが、どれも今回の震災の影響が無いことを祈りたいところです。

関連URL
ぐるなび - じとっこ 本厚木店
東日本大地震被災地の名醸蔵とその銘柄を知ろう - [日本酒] All About
福島うまい酒うまいもん探訪2 『廣木酒造』 - [日本酒] All About
宮城県/北部地方振興事務所/地方振興部/おおさき蔵元ガイドブック/新澤醸造店
岩手の地酒 あづまみね 吾妻嶺酒造店



楽天での「飛露喜」の検索結果はこちら! 
楽天での「伯楽星」の検索結果はこちら! 
楽天での「あづまみね」の検索結果はこちら!

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - こだわりの一品:グルメ編 ブログトップ