So-net無料ブログ作成

「ブレードランナー2049」を観に行ってきた(ネタバレなし) [映画]

ひょっとすると年末の超大作映画の続編よりも、こちらのほうが待ち望んでいたかもしれないこの映画。
前作のファイナルカット版のBlu-rayDiscを購入した際は、以前こちらの記事で紹介しました。

その続編がどうなるのか、期待と不安を胸に、先日一人で観に行ってきました。頭の中は前作のヴァンゲリスのテーマ曲が鳴りっぱなしです。PG12指定ですし、家族ウケする映画ではありません。興行収入もそれほど見込まれていないでしょう。それでもあえてこの映画がリリースされたことは、ファンとしては喜ばしくもあり、同時に前作で湧きあがった疑問や想像が絶えなかったその後についてを、覚悟をもって観ることになるわけです。「知る覚悟はあるかー。」とは、そんなこの映画の背景を表したコピーなんだと思います。

4266f56fa9d707d4.jpg


劇場に行く前に、まずは前作を手持ちのBlu-rayを観て復習し、予習として下記のYouTube動画3作品を観ておきました。


2022:ブラックアウト (短編アニメ作品)


2036:ネクサス・ドーン (短編映画作品)


2048:ノーウェア・トゥ・ラン(短編映画作品)


ブレードランナーを全くご存知ないという方は、少なくとも前作(どのバージョンでもいいので)をレンタル等で事前に観ておくことをお勧めします。そうでないと劇場でツライ思いをするかもしれません。。。


それで、本作品の感想ですが、前作の世界観はそのままで、その30年後という設定でも違和感なく受け入れられました。夜・雨・煙の「あの世界観が随分久しぶりに帰ってきた」というそんな感じです。Enjoy Coca-Colaなどの実在の(または実在した)企業のネオンや製品ロゴなどが散りばめられているのも、前作から踏襲されていて楽しめました。

ストーリーは、前作で残った疑問やその後の想像についての回答を得るものでした。「そうか、そう来たか!」と思いながら、観る側で様々な推察を巡らしつつストーリーを追っていくことに集中することになりました。

観終わった後は、ある程度スッキリした感じがあるものの、元々、人造人間(レプリカント)がテーマとして重いため、少し尾を引く感じが残りました。そして不思議なことに、また前作が観たくなるのです。無限ループかも?


関連記事
Blu-rayソフト 「ブレードランナー ファイナル・カット」

関連URL
映画「ブレードランナー 2049」公式サイト

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」と「君の名は。」 を観に行ってきた(ネタバレなし) [映画]

新年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

「お正月映画」という言葉は最近聞かれなくなったように思いますが、話題のローグワンを年始に家族で観てきました。

スターウォーズ本編の第一作目エピソード4の直前の描いたこのアナザーストーリーは、正直、期待していていいものかどうかが、よくわからなかったのですが、観終わった後に、自分の中ではっきりしました。この作品は、観るべきだと。アナザーストーリーといいつつ、ちゃんとエピソード4に繋がっているし、クオリティは本編並みで、全く手を抜いている感はなく、十分見応えのある作品になっていました。

IMG00037.jpg

この日刊スポーツの号外にもありますが、「エピソード3.9」とか、「エピソード4の10分前」とか表現されていますが、エピソード4の登場人物なども登場し、懐かしく思い、自宅に帰ってからみんなでおせち料理をいただきながら、あらためてエピソード4のBlu-rayを観たぐらいです。

次は今年の年末公開予定(日本もかな?)のエピソード8を楽しみに待ちたいと思います。昨年末に60才で急逝したキャリー・フィッシャーのレイア(亡くなる前に出演場面は取り終えていたと報じられている)がまた観れることを祈りつつ。



もう一本の「君の名は。」は、昨年空前のヒットとなりましたが、なかなか映画館に足を運べずにいたので、この機会に観てきました。

リピーターが多いというのは、少しストーリーが難しいからと思いました。ケンタもよくわからないところがあったといい、スクリーンから一緒に退席した熟年夫婦の方からもそんな声が聞こえました。一応理解できたママと私ですら、「この映画のジャンルは?」と問われたら、はっきりとは答えられないです。現代日本の憂い?青春?恋愛?冒険?ファンタジー?、いろんな要素が入り混じっているように思います。

一部に「中高校生にしか受けてない」という論評もあるようですが、全くそんなことはなく、昨年8月公開にもかかわらず、まだスクリーンには老若男女が詰めかけていました。ジャンルや世代を超えて、気持ちの良い不思議な魅力のあるアニメ映画でした。


関連記事
「スターウォーズ/フォースの覚醒」 を観に行ってきた (ネタバレなし)

関連URL
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|ローグワン|映画|スター・ウォーズ|STAR WARS|
キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
映画『君の名は。』公式サイト

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「スターウォーズ/フォースの覚醒」 を観に行ってきた (ネタバレなし) [映画]

中1のケンタは、劇場でスターウォーズを観るのがこれが初めて。アニメ映画以外はあまり観なかったのですが、最近少しずつ洋画に関心を示すようになりました。

ケンタはお友達と観るというので、ママと私は別に予約を取って観てきました。

ママについては元々あまり映画に関心がない人なのですが、この作品を観るにあたり予習をしました。これまでのシリーズ作は断片的にしか観ていないというので、家事の合間に、数か月かけて6作入りのブルーレイBOXをエピーソード順に観て、やっと物語の全容がわかったそうです。その上で、今回の「フォースの覚醒」を観たかったわけです。

私はというと、これまでのシリーズ6作は幸運にも全て劇場で観てきました。最初のエピソード4は小学校に上がったばかりの時でしたが、それでも映像や音楽、世界観に圧倒された覚えがあります。

大体のシリーズものの映画は、「期待外れ」とか「前作のほうがよかった」などということがよくありますが、スターウォーズに関してはその心配がなく、今回の「フォースの覚醒」も期待を裏切ることなく素晴らしい出来だったと3人で意見が一致しました。続くもう2つの作品も大変楽しみにしています。

と、その前に来年2016年12月に「ROGUE ONE(ローグワン)」といスピンオフ作品の公開が予定されているそうなので、まずはこちらを楽しむことになりそうです。


というわけで、今年のブログアップはこれが最後になります。また来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。


関連URL
スター・ウォーズ|STAR WARS|公式サイト
【衝撃】スターウォーズスピンオフ映画「ローグワン」にサムライや座頭市も登場か / 世界中から期待の声 | バズプラスニュース Buzz+

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画