So-net無料ブログ作成
検索選択
こだわりの一品:オーディオ・ビジュアル編 ブログトップ
前の3件 | -

ソニー ワイヤレスステレオヘッドセット MDR-XB50BS [こだわりの一品:オーディオ・ビジュアル編]

体力維持と健康のために、コナミスポーツにまだ通っているのですが、そのお供にしているのが、Bluetoothヘッドホンです。これまでは、ウォークマンNW-F806ロジテックのレシーバーLBT-KTAR120BKを長らく使っていましたが、レシーバーのウエアに止めるピンが折れたため腰のポケットに入れるしかなく、結果としてイヤホンのケーブルが煩わしくなってしまいました。

そこで、レシーバーを買い替えることにしたわけですが、今回はイヤホンと一体となったタイプにしてみました。

DSC02997.jpg
DSC03000.jpg
カラーはブラック、レッド、ブルーがありましたが、レッドと迷ってブルーをチョイス。

DSC02999.jpg
DSC03005.jpg
イヤーピースは4サイズ、アークサポーターは3サイズ入っていて、自分の耳に合わせて使います。ある程度試行錯誤が必要でしたが、私の場合は、イヤーピースはSサイズ、アークサポーターはMサイズがベストでした。

DSC02998.jpg
操作ボタンや充電用端子は右側に集中しています。
DSC03001.jpg
気になったので、右と左の重量を量ってみましたが、同じ重さにしているようでした。

自分の耳にフィットするものを探し当てるのは苦労しますが、ケーブルがないのはやっぱり快適ですし、ケーブルが揺れることで発生する物理的なノイズがないところがいいですね。


関連記事
Logitec Bluetooth トランスミッター LBT-AT100C2 &レシーバー LBT-KTAR120BK
ソニー Walkman NW-F806 + ドックスピーカーRDP-NWV20

関連URL
SONY 商品情報・ストア ヘッドホン MDR-XB50BS












Google Chromecast 第二世代品 [こだわりの一品:オーディオ・ビジュアル編]

リビングのBRAVIAYouTubeアプリが昨年変更になり(New YouTube for TVというやつ)、これが動画によってうまく再生されなくてPCやスマホで観ていたのですが、やっぱりTVでYouTubeが観たいときがあるので、いまさらながらこれを買いました。

DSC02464.jpg

DSC02466.jpg
中身は本体とACアダプター、USBケーブル、スタートガイドです。

DSC02467.jpg
DSC02470.jpg
本体の裏はマグネットが内蔵されていて、TVによっては、裏にピタッとくっつけることができそうです。TVのHDMI端子の位置の関係で、うちのはちょっと無理でしたが。

DSC02468.jpg
スタートガイドに従って、セッティングします。アップデートやなんらやで結構待たされますが、電源を切ることなくのんびり辛抱強く待つことで、

DSC02469.jpg
これで、観られるようになりました。


スマホからのコントロールもレスポンスが早いですし、さずがGoogleの専用品といったところ。うちで使っている無線LANルーターはBuffalo WZR-300HPなので2.4GHzの802.11nでの接続ですが、HDの画像でも問題なく快適に観られています。

関連記事
ソニー BRAVIA KDL-46HX750

関連URL
Chromecast - Google
液晶テレビ ブラビア、およびビデオ、オーディオ製品ご愛用のお客様へ 一部機種におけるYouTube動画配信終了のお知らせ | ソニー






楽天での「Chromecast」の検索結果はこちら!


DALI ブックシェルフ型スピーカー ZENSOR1 ライトウォールナット [こだわりの一品:オーディオ・ビジュアル編]

アベノミクス効果第2弾として、17年ぶりにオーディオスピーカーを買いました。

DSC00795.jpg

調べてみると、DALIは1983年設立のデンマークのスピーカー専業メーカーということで、私はこれまで全く知らなかったのですが、このZENSOR1は価格.com等でもトップクラスの売れ筋のようです。

DSC00791.jpg

当初は同じ価格帯の国内メーカーのスピーカーをいくつか考えていたのですが、量販店をいくつか探し回ってこのスピーカーを試聴してみました。聴き比べてみると、このZENSOR1の鳴り方は、艶があるというか、パンチがあるというか、やはり抜きん出ているように思いました。なるほど人気があるわけです。エントリー向けという位置付けですが、外観も高級感がそこそこあり、いまの私にはこれで十分です。

付属のマニュアルは簡単なものですが、国内メーカー品にはまず見られない下記の記載があり、DALIというメーカーに好感を覚えました。

「当社スピーカーの最も代表的な仕様を表2にまとめました。スピーカーには数えきれないほどの評価方法がありますが、「スピーカーが実際にどのようなサウンドを出すか」がわかるものは一つもありません。他と比較したスピーカーの優劣を決めるのはご自分の耳しかありません。」

カタログスペックではスピーカーの良さは分からないと、メーカー自身が言っているのです。やっぱりスピーカーは試聴をした上で購入するのがベストですね。

DSC00793.jpg

マニュアルには、慣らし運転についても説明があり、

「最大性能に達するまでの再生は最長100時間を見込んでください。」

とあり、お店の展示品のスピーカーを好んで買う方もいるようです。

私は新品を購入して聴き始めたばかりですが、それでもこれまで聴いていたスピーカー(Kenwood LS-SE7)より音の厚みが増したことを実感しています。

後日知ったのですが、DALIのスピーカーは11月4日より値上げになるそうなので、その前に購入しておいてよかったと思いました。

DSC00789.jpg

最近ミニ四駆ばかりでしたが、秋の夜長にオーディオを聴きながら、模型の製作も進めていたりします。

関連URL
DALI|ZENSOR 1
DALI、ZENSORシリーズを11月4日に値上げ。ZENSOR 1は43,800円に - AV Watch




楽天での「DALI ZENSOR1」の検索結果はこちら!

前の3件 | - こだわりの一品:オーディオ・ビジュアル編 ブログトップ