So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

ミニ四駆ジャパンカップ2019東京大会1D に行ってきた [ミニ四駆]

今年もいよいよ始まりました、ジャパンカップの開幕戦に行ってきました。場所はいつもの品川シーサイドです。

DSC_0219.jpg

本当は開幕セレモニーがある日曜日の大会がよかったのですが、都合により土曜日の大会にエントリーしました。それに当選したまではよかったのですが、当日は悪天候で開催が危ぶまれました。

DSC_0224.jpg

それでも、タミヤのトラックやテントで風雨の影響がコースに及ばないようにして、何とか開催していただき、有難いことでした。

今年のジャパンカップのコース「ミラクルバロンサーキット2019」も新セクションがいくつかありました。

DSC_0222.jpg
キッカーフラップは写真左から右へ走行する2レーンと4レーンにフラップ式のジャンプ台が付きます。写真を撮った時点ではまだ設置されていなかったのですが、レース開始直前に設置されました。
(すみません。設置後の写真を撮り忘れました)

DSC_0213.jpg
ライジングファントムチェンジャーは、2段目の急なスロープで登れないマシンが結構ありました。重量が重いマシンは特にパワーが必要なようです。

DSC_0214.jpg
バランシングストレートは、3レーン目のみに幅広かつ中央のみ高さが付けられたストレートで、マシンの直進性が悪いとサイドの溝にはまって減速したり、出口でコースアウトする可能性があります。

DSC_0220.jpg
それで、最大の難関はデジタルゾーン2と名付けられたデジタルカーブとデジタルドラゴンバック(DDB)×2の組み合わせセクション。デジタルカーブとDDBは既に過去に登場してるものですが、組み合わせることでかなり厄介なことになっています。DDBを抜けた直後にデジタルカーブが設置されているため、ここでコースアウトするマシンが続出しました。

DSC_0226.jpg

デジタルゾーン2についてあまり策が思いつかなったため、入口のデジタルカーブで如何に減速させるかを考えて、フロントはノーマルのペラタイヤにリジットATバンパーの13mmローラーとし、トップスピードは抑えたくライトダッシュPROモーターというセッティングで臨みました。

キッカーフラップを考慮して車重は重めにしましたが、ライジングファントムチェンジャーはなんとか登ってほしい、といったところです。

しかし、一次予選の結果は、1コースでスタート直後のデジタルゾーン2でDDB後に隣のコースに入ってしまい、早々に失格となりました。第1レーンはDDBを抜けた直後のコースアウトのリスクが最も高いところだったので、それでダメでした。

幸い、マシンはすぐには回収されませんでしたので、2週目のデジタルゾーン2はそのまま走らせてもらいました。その時は問題なく通過できたので、それほどマシンセッティングとしては悪くなかったようですが。。。

結局、私のレースの組は、全車がリタイアという結果でした。5台ともそれほどスピード的には速すぎたわけでもなかったと思いますが、ほとんどがデジタルゾーン2でやられてました。


次戦はなんとかマシンを改良して、まずは完走を目指したいです。


関連URL
富士通 乾電池 提供 ジャパンカップ2019 総合案内 | タミヤ

nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -