So-net無料ブログ作成

Blu-rayレコーダーの買い時とは? 2009年末【後編】 [オーディオ・ビジュアル]

前編では、昨年から欲しかったBlu-rayレコーダーの機種が選定されるまでについて書きましたが、今回はその購入を思い留まった後編です。

・来年3D対応TVが出るらしい

2台目のTVをどうするかを考えたときに「いまリビングにある32V型(WXGA)のデジタルTVを別室で使い、リビングには新しいフルHDのTVを置きたい」と思っていました。そこで来年は3D対応TVが出るらしいことを思い出したわけですが、HDMIも1.4にバージョンアップして3D対応する予定があることがわかりました。そういえば、最近HDMI1.4対応のケーブルも発売されるようになりました。そこで、今年のBlu-rayレコーダー/プレーヤーは3Dに対応できないのでは?と思い、いろいろ情報を調べてみました。

・「全てのPS3は来年から3D対応する」らしい

2009/09/03のImpress AV Watchの記事によると、ソニーの話では

「PS3の3D対応だが、既存のHDMI端子をそのままに、3Dディスプレイの持つEDIDを認識し、フルHDの3D映像を送信することが可能だという(もちろん、初代機も含む)。」

とあります。また、2009/11/19のソニーの新経営方針の説明会の記事によると、

「3D対応については、「これもBDを搭載したからこそできること。来年のソニーの3D対応BRAVIA発売にあわせて、3Dゲームを発売する」と言及。さらに平井氏は、「本日ここで、2006年以来発売してきた全てのPS3において、ファームウェアアップデートで全数が3D対応することを発表します。これから発売される3DゲームをPS3を買い替えることなく楽しんでいただけます」と、PS3の3D対応を宣言した。 」

とあります。一方、発売中のBlu-rayプレーヤーやレコーダーについては、なにも触れられていない点から考えると、今年のモデルは将来的に3D対応できないのでは?と考えるわけです。

・日本で3Dが流行るかどうかは未知数だが、いまBlu-ray機器を買うことは覚悟が必要

アメリカでは映画のトレンドで重要な付加価値となりつつある3D映像が今後も浸透することは予想できますが、日本では正直流行るかどうかわかりません。なにせ専用メガネが必要になりますので。ただ、TVはハイビジョン化の次にくるものは何か?と聞かれた時にやはり3Dになるのではないでしょうか? 先日、Blu-rayは3Dの拡張規格がすでに固まったようです。放送の3D化については、方式はBlu-rayの3Dと異なるようですが、BS11で実験的に放送していることもあり、こちらも時間の問題のように思います。

そういうわけで、今年はBlu-rayレコーダーの購入は見送りました。録画が不要でBlu-rayを観たいなら今年は将来的に3D対応になるPS3がいいと思います。DLNAクライアントにもなりますし。が、うちはゲームはしませんので、こちらも見送ることにしました。とりあえず、しばらくは手持ちのHDDレコーダーを使い続け、映画館に3D映画を観に行ってみることにしたいと思います。

でも来年になって、「やっぱりあの時にBlu-rayレコーダー買えばよかった」ということになるかもしれませんが。。。

関連記事
Blu-rayレコーダーの買い時とは? 2009年末【前編】

関連URL
HDMIの新バージョン「1.4」が規格化。Ethernet伝送も -AV Watch
本田雅一のAVTrends】IFA特別編:ソニー「'10年中に家庭内へ3D環境を」 -AV Watch
ソニー、「進化するテレビ」やネットサービスなど新戦略 -AV Watch
「Blu-ray 3D」の規格化完了。フルHD 3Dを家庭で実現 -AV Watch






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。