So-net無料ブログ作成

ソニー BRAVIA KDL-46HX750 [こだわりの一品:オーディオ・ビジュアル編]

新居のリビング用テレビとして、これを買いました。

これまでは、32インチ1366x768画素の2004年製LCD VEGAでしたが、テレビの視聴距離が離れる分、これまでと遜色ないサイズということで46インチFullHDとしました。それでも、テレビの値段は以前のに比べると半分以下でしたので、本当に驚きです。

DSCF1708.JPG

これまでと操作性が大きく変わるのは抵抗があり、BDレコーダーもソニー製なのでリンク機能を重視し、やはりBRAVIAで考えました。(現在はすでに生産完了したようですが)12年モデルの46型で人気があるのはHX850のようでしたが、うちにとってはHX750でも、

・バックライトはCCFL→エッジLED
・表示速度は等倍→4倍速
・画像処理はベガエンジンHD→X-Realty

など以前のLCD VEGAと比べてスペックは随分上がっており、実際映像はかなり綺麗で、8年の間の進化は十二分に感じられましたので、これに決めました。

DSCF1709.JPG

リモコンはBDレコーダーに付属のものと似たつくりでしたので、すんなり使えてます。特にケンタは使い方をほとんど教えていないのに、これ一つで自在にテレビやBDレコーダーを操作して観ています。操作性に関しては、LCD VEGAにあったXMBはないものの、ほぼ同等の縦横操作でのメニュー選択ができるのがよかったです。レスポンスもまずますといったところ。

DSCF1710.JPG
ルームリンク(DLNA)クライアント機能がついたテレビとしても、うちにとってはこれが初めて。nasneで録画した番組や、貯め込んだ動画・音楽・写真などを楽しむことができます。コンテンツを探すのも楽にできます。

DSCF1711.JPG
ネット機能も豊富で使いきれないくらいですが、特にお気に入りはデジタルコンサートホールです。これはスゴくていい時代になったと思います。しかも、ベルリン・フィルです。佐渡裕の夢がかなった感動の演奏会も観ることができました。

DSCF1712.JPG
クラシックのBDソフトの値段を考えると、年パスでいつでも多くのアーカイブの中から選んで観られるのはお得のように思います。但し、ベルリン・フィルだけなので、他のオケの演奏会も観たいと思うのは私だけではないように思います。


ところで、映像は申し分ないこのBRAVIAですが、音声については以前のLCD VEGAに比べて

・総合出力が30W(サブウーハー付)→20W(サブウーハー無)

とスペックダウンしており、デジタル放送になって音質はCD並みに向上したにも関わらず、もったいない気がしました。この対策については、別記事で書きたいと思います。


関連記事
nasne はじめました
ソニー ブルーレイディスクレコーダー BDZ-AT700

関連URL
KDL-46HX750 | 〈ブラビア〉 | ソニー



楽天での「KDL-46HX750」の検索結果はこちら!

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

そらへい

家が新しくなると、当然テレビも新しくなるのですね。
新しいテレビは番組を見るだけでなく
色々なコンテンツがあって楽しめるのですね。
いずれにしろ羨ましい限りです(笑)
by そらへい (2013-05-25 22:15) 

ケンタパパ

そらへいさん、コメントいただきありがとうございます!

いろいろ楽しめるのはいいのですが、なかなか楽しむ時間的余裕がなくて困っています。しかし、もしそれがあったら、演奏会に出かけているような気もしますね(笑)。
by ケンタパパ (2013-05-27 22:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。