So-net無料ブログ作成

ミニ四駆 ジャパンカップ 2017東京大会3 に行ってきた [ミニ四駆]

今回も当選したのはよかったのですが、結論から言うと、不甲斐無い結果に終わりました。ショックで、気が付いたら会場(品川シーサイド)の写真を一枚も撮っていません。_| ̄|○

DSC03287.jpg
今回は、前回の東京大会2で、フロントのスラダン固定と提灯の支柱を兼用しているビスのぐらつきを防止するためにプレートを一枚追加して対策をしたマシンで臨みました。

それで、今回のコースレイアウトも前回と同じAxA(Aミラー)でダブルバウンシングはA→B・A→Bでした。一次予選はスピード調整もバッチリで、トップで2週目の富士通ポップ(スロープ上り)もクリアして、このまま完走・予選突破を期待して自分のマシンをずっと目で追っていたのですが、突然見失いました。

おかしいと思って、コースの進行方向とは逆向きに探していくと、なんとオメガバンクの上り口でマシンがストップしていて、ここでリタイアとなりました。

がっつりブレーキを掛けたつもりもなく、軽量センターシャーシのロータリー式スイッチがOFFすることも考えにくかったので、何が起きたのかしばらくわからなかったのですが、

DSC03290.jpg
返却されたマシン(写真はその再現です)を見てみると、片方の電池が浮き上がっていて、端子との接触不良が起き、モーター停止に至ったようです。

DSC03289.jpg
電池カバーは、MSシャーシ用強化ギアカバーに付いているものを使っていて、電池との間に元々少し遊びがあるため、ジャンプの着地時などの衝撃で、電池が浮き上がることはわかっていたので、

DSC03291.jpg
電池カバーの裏に、電池が浮き上がるのを防止するためにブレーキスポンジを貼っていたのですが、どうもこれがへたっていたようです。


師匠と娘さん(中学生の息子さんは部活で不参加)も残念ながら完走はならず、今回も午前中で撤収となりました。なんとも、残念な結果に終わった東京大会3でした。もやもや感を解消すべく、私はこの後、お宝町田でサブで用意していたFMARのマシンで遊んで帰りました。

次回は掛川大会に参加したかったところですが、あいにく日程的に参加できず、これで今年のジャパンカップ参戦は終了になりそうです。詳細未定の東京大会EXにオープンクラスがあれば応募してみるところではありますが。。。


関連記事
ミニ四駆 ジャパンカップ 2017東京大会2 に行ってきた

nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 19

コメント 4

お名前(必須)

お疲れ様でした。残念でしたね。

なんとなく、いつかのカナダGPで、マンセルが終盤までトップを走っていたのに、ガス欠でリタイアしたレースを思い出しました。

ほろ苦い夏の思い出かとは思いますが、悲しみを糧に立てよケンタパパさん!、でいつまでも応援しております。

頑張ってくださいm(__)m
by お名前(必須) (2017-09-01 18:10) 

ケンタパパ

お名前(必須)さん、コメントいただきありがとうございます!

91年のカナダGPですかね。いろんな説があるようですが。

ミニ四駆のリタイアの原因はいろいろありますが、コースアウトよりマシントラブルのほうがつらいですね。

温かいお言葉、ありがとうございます。また次回から頑張れる気がします。
by ケンタパパ (2017-09-02 08:22) 

そらへい

お疲れ様でした。
電池の接触不良によるトラブルでストップ
それまで調子よさげだったので、よけい残念ですね。
高速で走っていて、ジャンプなどがあれば
衝撃で電池が浮くこともありえますね。
素人考えで両面テープか何かでくっつけておけないのかな
なんて思いますが、いろいろ制約などもあるのでしょうね。
これで今年は終わりというのは、淋しいですが
東京大会EXにオープンクラスに参加できるといいですね。
by そらへい (2017-09-02 20:20) 

ケンタパパ

そらへいさん、コメントいただきありがとうございます!

レースのトラブルにはいろいろあるということを、改めて経験しました。それまでの走りが良かっただけに悔やまれます。

テープを使うのはいい案のようで、レース後、師匠からはマルチテープでぐるっと一周巻くといいとアドバイスをいただきました。シャーシ毎にいろいろ異なるノウハウがあって、知恵と工夫が試されます。
by ケンタパパ (2017-09-03 06:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。