So-net無料ブログ作成

ミニ四駆グランプリ2018 Winter東京大会 に行ってきた [ミニ四駆]

「冬の蝉」

と聞いて、漫画や歌謡曲ではなく、ピンとくる方はすっかりミニ四駆通かと思います(笑)。

11/11(日)にいつもの会場の品川シーサイドに行ってきました。
11月とはいえ暖かい日で、前日飲み会があった関係で、朝は比較的ゆっくり出掛け、一次予選は午後の部で出走しました。

DSC_0143.jpg

DSC_0144.jpg
今回のコース「クラシックサーキットタイプ2 2018」です。コースアウト続出なポイントが2か所あり、

DSC_0155.jpg
DSC_0148.jpg
一つ目はこの「トリプルバウンシングストレート」で、写真下から上へギャップを通過するのですが、跳ねてコースを飛び出すマシンが続出でした。(今回のギャップの組み合わせはBABAAB)

DSC_0154.jpg
DSC_0152.jpg
もう一つはこの「アイガーステップ」で、1枚目写真の左からスロープを登って右へ降りるのですが、勢い余って飛びすぎたり、うまく着地できなかったりしてコースアウトするマシンが多かったです。

この2つのセクションのどちらかでコースアウトして、コースを一周もできないマシンが一次予選では続出でした。5台ともコースアウトというレースもよくありました。

それで私は、がっつりブレーキで、(日頃使わない)アトミックチューンPROモーターというかなり遅いマシン設定で、「完走勝ち」を狙うことに。これはこれで度胸が要ります。

5コースからスタートして、他の4台はバウンシングかアイガーステップで次々にコースアウトして、私のマシンはこれらをクリアし、2周目は私のマシンだけが残る展開で、作戦どおり「完走勝ち」をもらった!と思いました。

しかし、なんとクライムチェンジャーのバンク入り口で登り切れず、マシンストップ。これを見た目から「セミ」と言われます。

DSC_0154-2.jpg
このように「セミ」になるマシンは今回しばしば見られました。私の場合、5コーススタートでしたので、1周目はバンクをスルーし、2周目で初めてバンクに差し掛かりそうなったわけで、その他のコースからスタートした場合は、私も1周もできなかったわけです。

DSC_0156.jpg
というわけで、今年の東京での公式戦はこれで終了です。私にとっては、最後はなんとも後味の悪いレースになってしまいましたが、来年こそは気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。(って毎回言っているような)
なお、今週末のステーションチャンピョン決定戦の参加券は今年も取れませんでした。3レーンも精進しなきゃとは思います。。。


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー