So-net無料ブログ作成
クルマ ブログトップ
前の3件 | -

東京オートサロン2019 に行ってきた [クルマ]

今年もどうぞよろしくお願い致します。

年々入場者数が増えているという東京オートサロンですが、今回初めて行ってきました。会場は幕張メッセです。いつも東京モーターショーで同行いただいているS16氏も今回初めてとのことで、まずは二人で様子伺いという感じでした。

DSC04482.jpg

東京モーターショーと違って、カスタムカーの展示がメインで、レースカーも多いです。昔懐かしい名車のレストアも結構ありました。関連する出展業者の数も多く、趣や来場者層が結構違うのですが、会場を回り始めて、すぐにその魅力が実感できました。

DSC04232.jpg
DSC04244.jpg
DSC04270.jpg
DSC04273.jpg
DSC04305.jpg
DSC04322.jpg
DSC04328.jpg
DSC04329.jpg
DSC04399.jpg
DSC04402.jpg
DSC04409.jpg
DSC04410.jpg
DSC04419.jpg
DSC04421.jpg

レクサスの新型コンパクトSUV「UX」のカスタムカーもありました。
DSC04451.jpg
DSC04479.jpg


大手クルマメーカー関連の展示ではニューモデルやコンセプトカーもあり、東京モーターショーより一足先に話題のクルマを見ることもできました。

DSC04250.jpg
DSC04255.jpg
DSC04256.jpg
DSC04313.jpg
DSC04318.jpg
DSC04358.jpg
DSC04363.jpg
DSC04369.jpg
DSC04370.jpg
DSC04375.jpg
DSC04378.jpg
DSC04381.jpg
DSC04384.jpg
DSC04397.jpg
DSC04447.jpg
DSC04448.jpg
DSC04449.jpg
DSC04443.jpg


トヨタのモータースポーツより。ルマン優勝車TS050ハイブリッド(実車)とヤリスWRC(レプリカ)。TS050はレースで汚れたボディそのままの展示で、その過酷さを物語ってました。
DSC04454.jpg
DSC04457.jpg

トヨタの次期スープラ(偽装してました。すぐあとの北米自動車ショーでお披露目されましたね)とGRのスーパーGTコンセプト。
DSC04461.jpg
DSC04462.jpg
DSC04458.jpg

センチュリーGRMN。白とこの黒と2台しか存在しないそうで、白は豊田社長専用車だそうで、今年の箱根駅伝の大会本部車として使われ、ちょっとした話題になりました。
DSC04466.jpg


昨年末に国内導入始めたホンダ新型インサイトも展示がありました。運転席に座ってきましたが、うちの先代インサイトに比べたらインテリアも豪華で立派で驚きでした。無限もありました。
DSC04365.jpg
DSC04368.jpg
DSC04366.jpg
DSC04362.jpg


今年国内発売予定のマツダアクセラの次期モデルMazda3ハッチバックとセダンの北米仕様。ロングノーズが際立っていました。運転席に座る列はなんと90分待ちの人気ぶりでした。
DSC04289.jpg
DSC04290.jpg
DSC04297.jpg
DSC04284.jpg
DSC04285.jpg


もちろん、各展示のコンパニオンの皆さんも華やかさを演出してました。
DSC04260.jpg



最後に感想ですが、カスタムカーの世界はごく一部のコアな文化の感はあるものの多様で面白い、ということを改めて実感してきました。ものづくりに掛ける情熱も十分感じ取れます。ベース車両はスポーツカーや高級セダン/ミニバンが主流かと思いきや、スズキのスイフトやジムニーをカスタマイズしている展示も数多く、導入のハードルが比較的高くない印象もあり、関心や人気の理由のように思いました。

年明けからいい夢を見させてもらいました。今年も頑張ります。


関連URL
TOKYO AUTO SALON 2019 | 東京オートサロン公式サイト



nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

3代目インサイト 国内正式発表 [クルマ]

最近は、先代までのクルマのイメージからガラリと変わって投入されるクルマが多いですが、このインサイトも初代とも2代目とも全く異なり、3代目はアッパーミドルサイズの上級ハイブリッドセダンとなりました。

しばらくこの話題に触れていませんでしたが、最後の肝心のスペックが公開されていなかったためです。

そのスペックとは「価格」です。326万1600円(消費税込み)からの3グレード展開となりました。
以前より、シビック以上アコード未満との情報はありましたが、特にサプライズはなかったですね。

ただ、装備はかなり充実しているようです。カーナビ(インターナビ+リンクアップフリー)とETC車載器、自動ブレーキ/ACCなどの安全装備Honda Sensing、ポップアップフードシステム、LEDヘッドライト、前席シートヒーター、等々が全車標準装備であることを考えると、お得感のある値付けなのかもしれません。

insight1.jpg
insight2.jpg

デザインは北米仕様にくらべて、日本国内向けにフロントグリルを変えているとのことで、受け入れられやすくなっていて好感持てます。しっかりレギュラーガソリン仕様なのもうれしいかと。

この3代目のインサイトの競合を考えると、カムリハイブリッドかプリウスになるかと思いますが、微妙に土俵をずらしている感があります。「カムリは大きすぎるけど、プリウスでは物足りない」という人にいいんじゃないでしょうか。装備含めて見積もりを比較するのがポイントかと。ただ、この価格帯で上質なクルマを求める人にとっては、輸入車のエントリークラスという選択肢もあり、実はそちらのほうが強力な競合なのかもしれません。


それで私はというと、いまのクルマは10年目の車検を今春とおしましたし、来年の消費増税・自動車税減税も気になるし、選択肢は多いし、これから出るクルマも気になるし、そもそもそんなお金って?、でしばらく動けないんだと思います。。。


関連記事
2018年夏、米国市場で

関連URL
インサイト|Honda

nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

2018年夏、米国市場で [クルマ]

やっぱり出るみたいですね、新型インサイト。下の写真はプロトタイプとのこと。

new_insight_proto.jpg
new_insight_proto2.jpg

但し、日本導入はまだ決まってないようです。

先代のハイブリッドシステムはIMA(1モーター)でしたが、今度のはi-MMD(2モーター)。シビックの上位の位置づけのセダンということだそうで、先代よりサイズが大きくなり、上質になって、随分立派になりそうです。

国内だと、シビックの価格を考えると、対抗としては、「プリウス」より「カムリ」ですかね?


関連記事
三度目の正直

関連URL
【デトロイトショー2018】新型「ホンダ・インサイト」、デトロイトでデビュー

nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車
前の3件 | - クルマ ブログトップ