So-net無料ブログ作成
オーディオ・ビジュアル ブログトップ
- | 次の3件

Blu-rayレコーダーの買い時とは? 2009年末【後編】 [オーディオ・ビジュアル]

前編では、昨年から欲しかったBlu-rayレコーダーの機種が選定されるまでについて書きましたが、今回はその購入を思い留まった後編です。

・来年3D対応TVが出るらしい

2台目のTVをどうするかを考えたときに「いまリビングにある32V型(WXGA)のデジタルTVを別室で使い、リビングには新しいフルHDのTVを置きたい」と思っていました。そこで来年は3D対応TVが出るらしいことを思い出したわけですが、HDMIも1.4にバージョンアップして3D対応する予定があることがわかりました。そういえば、最近HDMI1.4対応のケーブルも発売されるようになりました。そこで、今年のBlu-rayレコーダー/プレーヤーは3Dに対応できないのでは?と思い、いろいろ情報を調べてみました。

・「全てのPS3は来年から3D対応する」らしい

2009/09/03のImpress AV Watchの記事によると、ソニーの話では

「PS3の3D対応だが、既存のHDMI端子をそのままに、3Dディスプレイの持つEDIDを認識し、フルHDの3D映像を送信することが可能だという(もちろん、初代機も含む)。」

とあります。また、2009/11/19のソニーの新経営方針の説明会の記事によると、

「3D対応については、「これもBDを搭載したからこそできること。来年のソニーの3D対応BRAVIA発売にあわせて、3Dゲームを発売する」と言及。さらに平井氏は、「本日ここで、2006年以来発売してきた全てのPS3において、ファームウェアアップデートで全数が3D対応することを発表します。これから発売される3DゲームをPS3を買い替えることなく楽しんでいただけます」と、PS3の3D対応を宣言した。 」

とあります。一方、発売中のBlu-rayプレーヤーやレコーダーについては、なにも触れられていない点から考えると、今年のモデルは将来的に3D対応できないのでは?と考えるわけです。

・日本で3Dが流行るかどうかは未知数だが、いまBlu-ray機器を買うことは覚悟が必要

アメリカでは映画のトレンドで重要な付加価値となりつつある3D映像が今後も浸透することは予想できますが、日本では正直流行るかどうかわかりません。なにせ専用メガネが必要になりますので。ただ、TVはハイビジョン化の次にくるものは何か?と聞かれた時にやはり3Dになるのではないでしょうか? 先日、Blu-rayは3Dの拡張規格がすでに固まったようです。放送の3D化については、方式はBlu-rayの3Dと異なるようですが、BS11で実験的に放送していることもあり、こちらも時間の問題のように思います。

そういうわけで、今年はBlu-rayレコーダーの購入は見送りました。録画が不要でBlu-rayを観たいなら今年は将来的に3D対応になるPS3がいいと思います。DLNAクライアントにもなりますし。が、うちはゲームはしませんので、こちらも見送ることにしました。とりあえず、しばらくは手持ちのHDDレコーダーを使い続け、映画館に3D映画を観に行ってみることにしたいと思います。

でも来年になって、「やっぱりあの時にBlu-rayレコーダー買えばよかった」ということになるかもしれませんが。。。

関連記事
Blu-rayレコーダーの買い時とは? 2009年末【前編】

関連URL
HDMIの新バージョン「1.4」が規格化。Ethernet伝送も -AV Watch
本田雅一のAVTrends】IFA特別編:ソニー「'10年中に家庭内へ3D環境を」 -AV Watch
ソニー、「進化するテレビ」やネットサービスなど新戦略 -AV Watch
「Blu-ray 3D」の規格化完了。フルHD 3Dを家庭で実現 -AV Watch






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Blu-rayレコーダーの買い時とは? 2009年末【前編】 [オーディオ・ビジュアル]

昨年あたりから欲しいと思っていたBlu-rayレコーダーですが、今年も結局買わないことにしました。よって今回は購入レビューではありませんが、まだ持っていないという方を対象とした記事になっています。既に購入されたという方は読まないほうがいいかもしれません。今回は前編です。

・今年こそ買いたい!と思っていた

去年は価格と欲しい機能が合わず、購入を断念したレコーダーですが、今年はかなり勉強してからママに承認を得ようと思っていました。最初はBlu-rayのない東芝のモデルも考えていました。

・「小雪」か「矢沢」か「福山」かで選びたい

先日、ママにそれを聞いてみました。すると、

ママ:「そりゃ福山を選ぶに決まってるでしょ。」

とのことで、それではBlu-rayという選択肢がなくなってしまうので、まずいと思い、「矢沢」に「篠原涼子」もつけるとどうか、と聞いてみたら、

ママ:「それでも福山。」

ということで、イメージ戦略としては、東芝が抜きん出ていることがわかりました。もし仮に「香取慎吾」を選択肢に入れていたとしても、おそらくママは「福山」と答えるんだろうと思います。

・Blu-ray不要なら、東芝VARDIAでしょう

東芝のVARDIA(外付けHDDが追加できるタイプ)は、これまで見て消し専用の160GBのHDDレコーダーを使い倒していた我が家にとっては、とても魅力的な商品です。が、レコーダーが壊れたときに録画内容も全てパーになりそうで不安です。やっぱり、お気に入りの大事な映像は外部記録媒体にアーカイブしておいたほうがいいと思うのですが、VALDIAはDVDにしか焼けないので、必ずデータ圧縮(再生は対応プレーヤーが必要)または標準画質へダウンコンバートしなければならないので大きな弱点となります。そのようなリスクや弱点を承知の上でしたら、VARDIAは最強のレコーダーといっていいと思います。

・Blu-rayが必要でLAN環境があれば、アクトビラができるパナソニック、ソニー、三菱

アクトビラはコンテンツのダウンロード(レンタルとセル)ができるようになって、以前より注目されるようになりました。これでやっと日本でもVOD(ビデオ・オン・デマンド)が普及するかもしれません。特にアクトビラに全く対応していないTVをお持ちの方(私もです)は、対応レコーダーを追加することでVODだけでなく各種生活情報も手に入るようになります。そうなると、パナソニック、ソニー、三菱から選ぶことになりますが、三菱は最上位モデルのみ対応で、パナソニック、ソニーはエントリーモデルから対応しています。

・ダブルチューナーモデル VS シングルチューナーモデル

ダブルチューナーモデルは2番組同時録画ができるので、圧倒的に人気があるようですが、当然ながらシングルチューナーモデルに比べて価格が高いです。そこで再検討してみました。

つなげるTVのタイプと、既にデジタルハイビジョンレコーダーを持っているかどうかで、以下のようなの場合のオススメパターンがあるかと思いますので、参考にしてみてください。

①アナログ放送用TVしか持っていない場合
まずはデジタルハイビジョンTVの導入を検討しましょう。その画像の美しさときたら、もうアナログには戻れなくなります。レコーダーも同時に欲しい場合は、最近はHDDやBlu-ray録画機能付きのTVがあるのでこちらも要検討です。TVではなく、下記②のようにハイビジョン対応モニタを購入するのも一つの手です。

②ハイビジョン対応液晶モニタ(チューナーは無)しか持っていない場合
そのままではTVは見られません。ダブルチューナーモデルのレコーダーがオススメ。録画条件によっては録画しながら別番組が見られます。モニタにスピーカーが付いてない場合は、別途AVアンプやスピーカーが必要になります。

③デジタルハイビジョンTVしか持っていない場合
ダブルチューナーモデルのレコーダーがオススメ。2番組同時録画しながらTVのチューナーで別番組が見られます。

④デジタルハイビジョンTVに加えデジタル対応HDDレコーダー(Blu-ray無し)が既にあり、継続して使う場合
シングルチューナーモデルのレコーダーを追加することで、2番組同時録画しながらTVのチューナーで別番組が見られます。但し、Blu-rayに残せるのは当然ながら追加したBlu-rayレコーダーで録画する番組のみになります。

こうやってみると、③が一番幸せになれるような気がしますが、ダブルチューナーモデルでの2番組同時録画は片方しかAVC録画できない等いろいろと制約があるのでチェックが必要です。そもそも同時録画した番組を両方ともBlu-rayに残すことはほとんど無いという方は、既存のレコーダーと追加購入するレコーダーを併用する④がもっとも経済的で無駄がないと思います。もっとも、うちのママのように、④はレコーダーが2台あると混乱するからいやだ、という人もいるかと思います。

またダブルチューナーモデルについては、500GB以上のモデルを購入するのであれば、320GBのシングルチューナーモデルを2台購入することも検討の余地があります。そうすれば、同時録画時の制約は気にする必要がありませんし、元々別室のTVでもBlu-rayを観たいと思っている人は、トータルとしてお得になるかもしれません。

但し、これを検討する場合は、最近やっと認知されてきたDLNA機能も検討すべきでしょう。LAN環境があって、レコーダー(サーバー)と別室用のクライアントがDLNAに対応していれば、例えばリビングに置いてあるレコーダーのHDD内の番組が別室のTVで見られるのですから。いま最もクライアントして注目を集めているのは、Blu-rayも観られるPS3なのではないかと思います。

と、ここまではママの理解と同意が得られて、一旦はソニーのWチューナー500GBモデルに決まりました。しかし、2台目のTVはどうする?という話になって、そういえば来年あたりから3D対応TVが出るという話を思い出しました。


後編へ続く


関連URL
AV Watch - Blu-rayレコーダ/AVC記録対応DVDレコーダ製品一覧
アクトビラ
アクトビラ、累計接続台数が100万台を突破 -AV Watch
SCE、PS3でDTCP-IP対応する新ファーム「3.00」公開 -AV Watch

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

運動会に行って来ました~今時のムービーカメラ事情について [オーディオ・ビジュアル]

先日、ケンタの運動会に行って来ました。

天気に恵まれてよかったのですが、日差しが強すぎて少し日焼けしました。
場所取りをしなかったため、日当たりのよいスペースしか確保できなかったのは、来年への教訓になりました。

最近の運動会は保護者向けにカメラ撮影用のスペースが設けられていて、自分の子供の競技の順番になったらそこへ行って撮影ができるようになっていて、学校もサービス精神旺盛なのです。自分が子供の時にはもちろんそんな配慮はありませんでした。

私もケンタの徒競走のムービー撮影のため、そのカメラ用スペースへ行ってみると、他の保護者の皆さんもいろんなカメラを持って我が子の出走を待ちわびている訳です。

・今時の運動会で活躍するムービーカメラ

デジカメは、遠距離からでも撮れる一眼レフのものが多かったように思います。中でもパナソニックやキャノンのものをよく見かけました。男性が多いのかと思いきや、女性でも一眼レフを構える方が多かったです。

ムービーは、今の売れ筋であるデジタルハイビジョン(HD)タイプが多いのかなと思っていましたが、意外にもほとんどの人が、DVテープの標準画質(SD)ムービーを使っていました。メーカーはパナソニック、ソニー、キャノン、ビクターなど様々で、シャープの液晶ビューカムもまだまだがんばっていました。ちなみにうちもソニーのDVテープのSD画質ハンディカムDCR-TRV18K。ケンタが生まれる数ヶ月前に購入したので、もう7年以上使っている訳です。いつの頃からか内蔵スピーカーから音が出なくなり、リモコンも効かなくなったのですが、撮影やAV出力には問題ないので、そのまま使っています。

dcr-trv18k.JPG

・VHSデッキは捨てられない

うちのTVはすでにHDなので、ムービーもHDにすればと思うところですが、主にムービーを鑑賞する実家はまだSDのブラウン管テレビ+VHSビデオデッキなので、うちからはVHSテープで配布をしなければなりません。そのためにVHSデッキが必要なのです。

・なぜ、HDムービーへの切替が進まないのか?

うちはというと、DVムービーからDVDレコーダーでDVD-Rに焼いてバックアップをとるだけですが、最近はすっかり撮影した中身を観なくなりましたので、これで事足りてしまうのです。

一方、HDムービーに買い換えるとなると、そのアーカイブ手段も用意しなければなりません。初めてムービーを購入する方は別として、これまでSD画質ムービーを持っていた人は、それだけのコストをかけてまで、HDムービーに切り替える必要性や動機があるか考えてしまうように思います。

よって、うちがHDムービーに切り替えるには、まずは実家のTVをHD対応にすることが先決・・・だったのですが、TV塔付近に建設する高層ビルの影響で電波が弱くなるとかで、すでにデジタル3波チューナーを無償で設置してもらったそうで、2011年以降もSDブラウン管TVは延命されるとのこと。これで、うちのDVハンディカムとVHSデッキも延命されそうです。


というわけで、運動会に話を戻すと、ケンタは徒競走で見事1等賞をとり、その様子をカメラスペースからバッチリ撮影しました。選抜リレーには出られませんでしたが、来年は見てみたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の3件 オーディオ・ビジュアル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。