So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お勉強 ブログトップ
前の3件 | -

今さらではありますが。。。 [お勉強]

平成30年度春期の「応用情報技術者」資格の試験を受験して、合格したことが先日分かりました。

もう、四半世紀くらい前の学生のころに、旧第二種情報処理技術者(現在の基本情報技術者)を取得していたのですが、その後の勉強や就職はそちらの方向を志望しなかったこともあり、旧第一種(現在の応用情報技術者)は受けずにいました。

なぜ、今さら受けたかというと、この資格を持っておくと、中小企業診断士の一次予選試験の7教科中の一つ「経営情報システム」が免除されるからなんです。よって、3年間で6教科に集中できることになります。昨年の診断士の一次試験は科目合格は1科目だけに留まったので、「昔取った杵柄」で「急がば回れ」といったところです。

しかしながら、当然、現在の応用情報技術者の出題範囲は旧第一種に比べて、出題範囲がかなり広くなっていましたので、午前問題はスマホアプリやテキストで、午後問題は過去問題集で勉強し、結構時間をかける必要がありました。ちょうどケンタの高校受験の追い込み時期でもあったので、お互いがそれぞれの勉強している状況となりました。

中には、「経営戦略」やマネジメント系の問題もあり、中小企業診断士試験の「企業経営理論」や「運営管理」に通じるところもある内容となっていました。午後問題は「情報セキュリティ」に加えて、自分の得意な分野を4つ選んで解答する形式になっていたので、まだなんとかなりました。


4月の試験当日、会場の受験者を見渡してみると、アラサーの若い方がほとんどで、私のようなアラフィフはポツポツといる程度。少し恥ずかしい感もありましたが、周りを気にせず、午前・午後と問題に向き合いました。

そして、6月半ばを過ぎた先日、Web上で合格発表で自分の受験番号を見つけられ、昨日、合格証書が届きました。

DSCF4038.jpg


実は嬉しいことがもう一つありまして、昨年から職場の異動願いを出していたのですが、このほどやっと認められて、7月から異動先(とはいえ勤務地は同じ)で働いています。以前の職場よりは、診断士の勉強の内容が必要で役に立つ仕事になり、これからが楽しみです。勉強を続けていると、良いことがありますね。


タグ:資格試験
nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

平成29年度 中小企業診断士 第1次試験 を受けてきた [お勉強]

昨年度の試験で、残り3科目中1科目「経済学・経済政策」しか科目合格できなかったので、「3か年計画」は達成できず、気を取り直して「継続は力なり」という言葉を信じて、今年もこの一次予選試験を受けてきました。

DSC03236.JPG

というわけで、今回は「財務・会計」、「企業経営理論」に加えて、平成26年度で科目合格していた、「経営管理」、「経営情報システム」、「中小企業経営・中小企業政策」も再び受験しなければならず、ブログの更新はそこそこに、ミニ四駆はもっぱら公式戦の参加のみにして、今年は計5教科の対策を独学でしくしくとやってきました。


それにしても、この試験の一つだけ不満を言うとすれば、年1回のみの試験の日程です。一次試験は毎年8月、夏休みの真っ只中に行われます。試験が終わるまでは夏祭り等のイベントは心底楽しめないですし、試験後は10月の二次試験への準備があり、帰省しても近年は一人でとんぼ返りです。なので、夏休みといっても、なんとなく気が晴れないのです。まあ、仕方ないですね。

もちろん、今回5教科全て科目合格して、一次試験突破したいところですが、正直、五分五分な感じです。それでも一応、二次試験へ向けての準備は始めたいと思います。


関連記事
平成28年度 中小企業診断士 第1次試験 を受けてきた

nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

久しぶりにTOEICをやってみた。但し、職場の活動で。 [お勉強]

久しぶりのブログアップです。

秋になってから、いろんなことがありましたが、天気と同様に、すっきりしない事が多かったです。

・ケンタが膝を故障して部活(陸上)にまともに参加できず、学校と部活(の応援)の送迎。
・台風やら暴風雨やらで、週末の天気はほとんど雨で、秋キャンプの予定が立たず行けていない。唯一晴れた日は、自宅の外構清掃や床のワックス掛け、ウッドデッキの塗り替えで時間と体力を消耗。
・ミニ四駆はJC東京大会EXが追加で開催となるも、またもや落選。ショップレースに参加するも、二次予選で勝ち上がれず。

そして極め付けがこれ。うちの職場の個人スキル強化の活動として、TOEICをやるというものです。うちの職場で英語使う仕事って、関連文書の読解ぐらいしかないのですが、1か月前に突然言い渡され、回答のコツや新旧TOEICの違いなどが書かれた数ページの資料を渡されただけで、一般の参考書に付いている模擬試験をただやるというもの。スキル強化活動というより単なる測定ですね。答案は上司が採点し、上司だけが各人のスコアを把握するというので、もちろん正式なスコアではないので、人事考課には影響しないとは思いましたが、ちょっといやな感じのする職場活動でした。対象者は職場全員というわけではなく、上司が独断で選出しているのもどうかと。

モチベーションが上がらないまま、以前使っていた3DSソフトで少しおさらいして今回臨みましたが、約3年のブランクを1か月で取り戻すのはやはり難しく、あまり得点できた感じがしませんでした。使わない知識は忘れていきます。

一方で、今の仕事にほとんど関係のない、財務・会計の研修資料を職場で読んでたりします。


関連記事
第185回の結果来ました

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の3件 | - お勉強 ブログトップ