So-net無料ブログ作成

ミニ四駆グランプリ2019ニューイヤー東京大会 に行ってきた [ミニ四駆]

今年最初の公式戦となる、ニューイヤー東京大会に行ってきました。場所はいつもの品川シーサイドフォレストです。この日は少し風があって、今年も寒さとの闘いでもありました。アラフィフの身には堪えます。。。

DSC_0168.jpg

2019HFC.jpg
今回のコース、「2019 HEISEI FOREVERサーキット」です。平成も今年までということで、こういうネーミングになったかと思いますが、マシンスピードが試されるレイアウトとなっています。

DSC_0167.jpg
長いストレートのあとのドラゴンバックと、バウンシングホップの着地でのコースアウトが多いですが、これらをクリアしつつ、いかにスピード上げられるかが、ポイントでした。

DSC_0164.jpg
バウンシングホップのスロープ上りは、少し急峻なタイプでしょうか。ここでブレーキが上手くかからないと、大ジャンプ後の着地でコースアウトしやすいです。

今回は初めて公式戦にFM-Aシャーシのマシンを組みました。軽量化はしたものの、駆動系の改良はほどほどに、タイヤやリアブレーキステーは無加工のものです。準備不足は否めませんが、これでどこまで行けるか挑戦です。

この日も一次予選は午後の部で出走しましたが、無理をしない速度設定で無難に予選通過。ただ、速度はいま一つでした。

二次予選は思い切って、スプリントダッシュモーターをこれまた公式戦で初めて使ってみましたが、しばらく使っていなかったためか、タイヤ径が大きかったためか、一次予選よりも遅くなってしまい、最後尾を走っていました。

DSC_0170.jpg
しかし、なんと他の4台がすべてコースアウトしたため、「完走勝ち」し、久しぶりの薄紙ゲットとなりました!\( ^o^ )/
二次予選でも、こういうことがあるんですね。

決勝トーナメントですが、ギアとモーターは一次予選以上のスピードアップ策がなかったため、電池をネオチャンプ(ニッケル水素)→パワーチャンプRS(アルカリ)、フロントタイヤをローフリクション→スーパーハードへそれぞれ変更し、ブレーキスポンジを弱めの色に張り替えました。

それでトーナメント一回戦(準々決勝)に臨みました。2週走ったところで3番手を走行し、トップにはかなり差をつけられていた展開でしたが、3周目のバウンシングホップ越えがうまく着地できず、あえなくコースアウトとなりました。

というわけで、相変わらずスピード勝負にはついていけないことを、今回のレースでも噛み占める結果となりました。駆動系の見直しでもしますかね。


関連URL
ミニ四駆イベントレポート一覧 | タミヤ



nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。